【下肢静脈瘤治療】江戸川区(小岩,葛西・西葛西,船堀)方面からお越しの方へ

【下肢静脈瘤治療】江戸川区(小岩,葛西・西葛西,船堀)方面からお越しの方へ

あさくさ橋心臓と血管のクリニックは浅草橋駅から徒歩1分の場所にあります。
足の血管がふくれてこぶのようになる「下肢静脈瘤」は、症状が軽い場合は、自宅でのセルフケアで進行を遅らせたり、予防することも可能な場合があります。 しかしながら、一度下肢静脈瘤を発症すると、自然に治ることはなく、症状が強い場合には医療機関での治療が必要になります。

江戸川区周辺にお住まいの方が当院に治療にいらしていただく際の参考にしてください。

下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤とは

 

下肢静脈瘤とは血液の帰り道である静脈に血液の逆流が起こり、足の静脈が膨れ上がり、表面に浮き出てきた状態のことを言います。
単に足の血管がぼこぼこするだけだと思われがちですが、足のだるさ、むくみ、こむら返り(つり)など様々な症状がみられます。

下肢静脈瘤の症状

下肢静脈瘤の症状は見た目に血管がぼこぼこと浮き出る他、血液が溜まることによる足のむくみ、重い感じ、こむら返りなどの症状をおこします。
また最も深刻な症状は皮膚へのダメージです。

血液が停滞することで皮下組織に体液が溜まってうっ滞性皮膚炎という皮膚の炎症がおこります。炎症により皮膚や皮下組織が硬くなり、強い痛みを伴うことがあります。
下肢静脈瘤に伴う皮膚のダメージとして最も厄介なのは、皮膚の一部がなくなり、皮下組織がむき出しの状態になる潰瘍です。
下肢静脈瘤に伴う皮膚潰瘍は、皮膚科での軟膏治療だけで完治することは難しく、下肢静脈瘤の治療と皮膚に対する軟膏治療を同時進行で行うことが大切です。

下肢静脈瘤の原因

下肢静脈瘤の主な原因は、逆流防止弁である静脈弁が壊れることにより静脈弁が閉鎖できなくなることで、静脈の血流が逆流し、交通渋滞が起きることが原因です。
また、下肢静脈瘤には一次性下肢静脈瘤と二次性下肢静脈瘤があり、一般的に下肢静脈瘤といわれるのは一次性下肢静脈瘤であり、静脈弁自体が壊れてしまう状態です。
二次性下肢静脈瘤でよく知られているのは深部静脈血栓症(エコノミークラス症候群)です。

下肢静脈瘤のタイプ

下肢静脈瘤のタイプ

下肢静脈瘤には、問題となる静脈の大きさによる分類があります。伏在静脈という大きな静脈の弁不全により逆流がおこるタイプを伏在型、伏在静脈には問題がなく、支流であり側枝に逆流が生じる側枝型、そのまた支流の小さな静脈に逆流が生じる網目状、さらに小さな静脈に逆流が生じるクモの巣状があります。

手術や血管内治療(カテーテル治療)を行うのは伏在型のみで、伏在静脈に逆流がない、側枝型、網目状型、クモの巣状型の治療には、弾性ストッキングや硬化療法が選択されます。

 

下肢静脈瘤の治療・手術

下肢静脈瘤の治療・手術

症状の軽い静脈瘤は直接に生命にかかわることは無いため、弾性ストッキングを着用して足の静脈瘤の流れを改善し、症状の緩和と、病状の進行を予防することが一般的です。

症状が出ている場合や、皮膚障害が出ている場合には手術による治療をお勧めします。
治療は何種類かありますが、最も再発率が低い治療法には、逆流を起こしている静脈を焼灼する
血管内焼灼術、静脈に医療用接着剤(グルー)を注入する血管内塞栓術といわれる血管内治療(カテーテル治療)と外科的に静脈を抜去する静脈抜去術があります。

弾性ストッキング

弾性ストッキングは弾力性のある特殊なストッキングで、足首から上方に向かって徐々に圧力を下げていくことで、静脈の流れを改善します。
全体的に締め付け圧が非常にきついタイプのストッキングであり、手の力がない方は着用できない場合があります。着用により脚の症状は軽減することが多いですが、根本的な治療法ではありません。

メリット・デメリットは以下となります。

メリット デメリット
  • ストッキングの着用だけであり、手軽である
  • 手術のような費用負担が少ない
  • 効果を得られるのは、着用当日のみである
  • 皮膚のトラブルを起こしてしまう場合がある
  • 腓骨神経麻痺を起こす場合がある
    (膝下の外側にしびれや痛みがでます)
  • 足の動脈硬化が高度な場合には着用により足への動脈血流が妨げられる場合がある

硬化療法

主に小さな静脈瘤に対して行います。静脈内にフォーム硬化剤という薬剤を非常に細い注射針で注入することにより血管を固めてしまう治療法です。治療自体は比較的単純な治療法ですが、リスクとしては、薬剤の注入部位に色素沈着が見られることがあります。

血管内治療(カテーテル治療)

伏在型静脈瘤に対して行います。血管内焼灼術は、レーザーカテーテルあるいは高周波カテーテルにより伏在静脈を熱で焼くことで伏在静脈に血液が流れないようにする治療法です。
焼くときには痛みはほとんどなく、局所麻酔薬を注入するときに痛みがあります。
伏在静脈に流入できなくなった血液は脚の中心近くを通る丈夫で高性能な深部静脈を介して心臓に戻ります。

日帰りで行うことができますが、治療後一定期間(多くは2週間~1か月)は弾性ストッキングを着用していただきます。
血管内塞栓術は医療用の接着剤を静脈内に注入し、血管を固めてしまう新しい治療法です。
治療後に弾性ストッキングを着用する必要はありませんが、接着剤が体内に残るためアレルギー症状を認める場合や血管の炎症により皮フに痛みや赤みが一定期間残る場合もあります。

スタブ・アバルジョン法(瘤切除術)

血管内治療は伏在静脈の本幹を治療する方法です。
ぼこぼした血管の数カ所に2-3mm程度の小さな切開を加えて、専用の器具を用いて血管のこぶを取り除きます。

血管内治療を行う多くのケースでスタブ・アブルジョン法を一緒に行います。
これにより治療後の見た目がよくなることと再発低減効果があります。
また、痛そうに思われるかもしれませんが、血管内治療時の局所麻酔により、ほとんど痛みはありません。

外科的手術(ストリッピング手術)

脚の付け根と膝の内側2箇所を数cm切開して、大伏在静脈に専用のワイヤーを通して伏在静脈を抜き取る治療法です。
通常は入院が必要になります。近年では血管内治療が進歩したため、施行件数は減っています。

 

 

【下肢静脈瘤治療】江戸川区(小岩,葛西・西葛西,船堀)方面からお越しの方へ

【下肢静脈瘤治療】葛飾区(京成高砂駅,新小岩駅,金町駅)方面からお越しの方へ

当院はJR総武線 「浅草橋駅」東口徒歩1分、都営浅草線 「浅草橋駅」A3出口徒歩1分の立地にあります。
約70万人が暮らす江戸川区からのアクセスも便利。江戸川区乗降者ランキング(参考)の上位3路線からのアクセス方法を紹介いたします。
下肢静脈瘤治療で当院へ江戸川区周辺からお越しの方はこちらを参考にしてください。

小岩駅から当院へのアクセス

・JR総武線の「小岩駅」で秋葉原・三鷹方面に乗車し、6駅先の「浅草橋駅」で下車します。
所要時間は15分で、乗り換えなしの1本でお越しいただけます。

 

葛西駅・西葛西駅から当院へのアクセス

・東京メトロ東西線の「葛西駅」または「西葛西駅」で中野方面に乗車し、「日本橋駅」で下車。そこから都営浅草線に乗り換えて3駅先の「浅草橋駅」で下車します。
所要時間は30分〜32分で、乗り換えは1回でお越しいただけます。

 

船堀駅から当院へのアクセス

都営新宿線の「船堀駅」で新宿・京王線方面に乗車し、8駅先の「馬喰横山駅」で下車します。地下通路でつながっている「東日本橋駅」で都営浅草線浅草・押上方面に乗車し1駅先の「浅草橋駅」で下車します。所要時間は24分で、乗り換え1回でお越しいただけます。注意して頂きたいのは、都営新宿線から浅草線(逆も同様)へ乗り換える場合には、乗り換え用改札を必ず通過してください。

 

まとめ

まとめ

静脈のボコボコが目立つようになったり、むくみやだるさなどの症状で生活の質の低下につながる下肢静脈瘤。「カテーテル治療」および「心臓・血管」の専門医による下肢静脈瘤の日帰り治療を提供しているあさくさ橋心臓と血管のクリニックは「浅草橋駅」徒歩1分の場所にあります。

約70万人が暮らしていると言われる江戸川区からのアクセスも非常に良く、通いやすい病院です。足の血管が浮き出て目立つ、足がつる、足がむくみやすい、足がだるいなど、足のお悩みがある方は是非ご相談ください。

当院では、「カテーテル治療」および「心臓・血管」の専門医による下肢静脈瘤の日帰り治療を提供しております。足の血管でお悩みの方は、東京都台東区「浅草橋駅」徒歩1分の「あさくさ橋心臓と血管のクリニック」までご相談ください。

24時間対応WEB予約はこちら 24時間対応WEB予約はこちら 24時間対応WEB予約はこちら

当院の下肢静脈瘤が
選ばれる理由

下肢静脈瘤の専門医師による日帰り手術

Point

01

下肢静脈瘤の
専門医師による日帰り手術

当クリニック院長は、学会でも末梢血管のライブデモンストレーションを行うなど、下肢静脈瘤治療の基本となるカテーテル治療を得意としておりますので、ご安心してお受けください。

痛みが少ない治療

Point

02

痛みが少ない治療

下肢静脈瘤治療では、局所麻酔を効かせた状態で行いますので、術中に痛みを感じることはありません。麻酔を打つ際にチクッとした痛みを感じる程度です。

土日も診察・治療実施

Point

03

土日も診療・治療実施

当クリニックでは、土日も診察・治療を実施しております。忙しくて平日の受診が難しい方も仕事などへの影響を最低限に抑えて通院いただくことができます。

治療は保険適用

Point

04

治療は保険適用

下肢静脈瘤の治療では、すべて保険が適用されます。さらに高額療養費制度や限度額認定証を提示することによって費用負担をさらに抑えることも可能です。

症状に合わせて複数の術式から治療法を選択

Point

05

症状に合わせて
複数の術式から治療法を選択

一言に下肢静脈瘤といっても、下肢静脈瘤には複数の種類があり、下肢静脈瘤の種類に応じて治療法が異なります。当院ではあらゆる治療に対応し、種類に応じて適した治療法のご提案が可能です。

【記事監修】
あさくさ橋心臓と血管のクリニック
院長 高橋 保裕

院長 高橋 保裕下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医・指導医https://www.jevlt.org/ja/
循環器専門医
心血管カテーテル治療専門医

開院前に勤務していた大学病院や地域中核病院では、1万件近い心臓や末梢血管のカテーテル治療に携わり、様々な症例に対して豊富な治療経験を持ちます。
近年では「ライブデモンストレーションのライブオペレーター」として各学会に招待され、カテーテル治療を学ぶ多くの医師の前で治療を行うなど、技術指導者としても活動しています。
「患者様を自分のたいせつな家族と思って診療する」をモットーに、下肢静脈瘤日帰り手術(カテーテル治療)や一般循環器診療を行っております。

関連記事
〜下肢静脈瘤についてもっと知る〜

  • 下肢静脈瘤とは

    下肢静脈瘤の症状は、足のむくみ、こむら返り、足がムズムズする・かゆい、足の色素沈着、足の潰瘍、足の血管が浮き出る、ふくらはぎがだるいなどです。下肢静脈瘤の原因・検査・治療(治し方)について説明しています

    詳しくはこちら
  • 下肢静脈瘤になりやすい人

    足の静脈がコブのようにふくらみ、症状が現れる下肢静脈瘤。その特徴や原因、予防法について理解しておくことは、発症を抑制し、症状を和らげるうえで重要です。この記事では、下肢静脈瘤の基礎知識から、主な原因、ならびに具体的な予防法まで詳しく解説します。

    詳しくはこちら
  • 下肢静脈瘤の治療

    下肢静脈瘤は、足の静脈が太くなって瘤状になる状態を指し、その治療法にはさまざまな選択肢があります。この記事では、手術から保守療法まで、幅広い治療方法ごとの適用、メリットやデメリットを詳しく解説しています。

    詳しくはこちら
  • グルー血管内塞栓術

    グルー血管内塞栓術とは、下肢静脈瘤の原因になっている伏在静脈に医療用の瞬間接着剤を入れて、血管を閉塞する治療法です。欧米で広く普及しており、日本ではベナシールが保険診療での使用が可能となっています。

    詳しくはこちら
  • 血管内焼灼術

    血管内焼灼術は、下肢静脈瘤を引き起こしている伏在静脈にレーザーや高周波を用いることで、血管を熱で焼灼し閉塞させる治療法です。日本では、レーザー治療および高周波治療ともに保険適用が可能となっています。

    詳しくはこちら
  • 下肢静脈瘤は何科で受診する?

    症状が現れて医療機関を受診しようとしても「下肢静脈瘤は何科へ行けば良いか」という疑問を持つ患者さまも多いと思います。この記事では、それぞれの診療科で行う下肢静脈瘤の治療の違いや、循環器内科で下肢静脈瘤の治療を受けるメリットを解説します。

    詳しくはこちら
トップへ戻る